専門学校で食関連ジョブしっかり掴む|調理やカフェで役立つ知識

台所

空間づくりをする

スイーツ

日本伝統の喫茶店やカフェが現代の日本では混在しています。喫茶店はいわゆるサロンを元にして店づくりをしていることも多く、カフェは持ち帰りなどの短い時間で利用する人と長居する人のために空間提供をしています。そんな空間づくりをしていきたいと考えるなら、カフェの専門学校へ行くべきです。飲食業なのですから、まずは調理師にならなくてはいけないのではないかと思いがちです。しかし、飲食に関わるためには必ずしも調理師にならなければいけないというわけではありません。調理に関わるためには経験を積めば良いだけなのです。しかし調理師の免許が無い人が調理師を名乗ってはいけないので、やはり資格をとりたいのであれば調理師専門学校へ通うことになります。

ではカフェ専門学校では何が勉強できるのかというと、空間づくりとカフェを開業するための手続き、経営のノウハウなどです。将来カフェを開業することを考えておらず、とりあえず働きたいと考えている人も専門学校へ通えばより基礎力が身につけられます。バリスタになるため、あるいは空間プロデュースをするためなど、広くカリキュラム内容を組んでくれている専門学校もあります。そして何より同じカフェを開きたいと考えている仲間たちに専門学校では会うことができるという良さもあるのです。経営を長く続けていくためには独自性が必要です。仲間たちとアイディアを出しあえば、どんなコンセプトが独自性があるのかを確かめることが出来るのです。